獅子王に肉薄する、という己の目的を捨ててまで。 その徳を信じずして、何を信じましょう。

第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット

ベディ「——感謝します、ハサン殿。

私のようなものを信用していただいて。」

呪腕「……良いのです。

いや、むしろ私こそ意固地でした。

ベディヴィエール卿は聖都正門にて、我らの民のために立ち上がってくれた。

獅子王に肉薄する、という己の目的を捨ててまで。

その徳を信じずして、何を信じましょう。」

ベディ「ありがとう、ハサン・サッバーハ。

義に厚い山の翁よ。

私には、あまりに勿体ない言葉です。」

呪腕「はっはっは。

いや、礼には及びませんとも。

なにしろ卿を信じるのは私だけ。

他のハサンたちがどう考えるかまでは保証できませんからなぁ。」

ロマニ「(このハサン、メチャクチャ話の分かる人だぞ!?)」