アーラシュ殿は古代ペルシャ救国の英雄。 その弓の一射で、二国の戦争を終結させたと言います。

第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット

ベディ「アーラシュ殿は古代ペルシャ救国の英雄。

その弓の一射で、二国の戦争を終結させたと言います。

伝説において、彼が山頂より放った矢は遙か彼方の大地へと突き立ちました。

その矢こそ大地割く一射。

争いを終わらせる、流れ落ちる星の如きもの。

矢の突き立った箇所は争う二国の新たな国境になったといいます。

ですが……」

呪腕「……それは人の身に耐えられる業ではない。

英雄の五体はその一射を放った瞬間、四散した。

大地を裂く不遜など人には許されぬ。

その戒めとして、英雄は自身の体を捧げたのです。」

マシュ「……自らの消滅を代償にした宝具……

そんなものがあるなんて、間違っています……」

ベディ「…………。」