「テメェら、堅気の皆さんに手を出すなってアレほど言ったのを忘れたのかい!?」「ジャガ村先生ーー!?」

第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア

ジャガーマン「エリドゥまででしょ、超特急で案内するわ!」

???「ギギギ。

ソウハ イカナイ。

ナゼカ 裏切ッタナ ジャガーマン!」

ロマニ「!

敵性反応、多数襲来!

取り囲まれているぞ、みんな!」

ウェアジャガーさん「密林 ノ 誇リ ヲ 忘レタカ!

ニンゲン、観光人!

ニンゲン、労働力!

ニンゲン、ATM!

オレタチ ガイド スル!

ソウ教エタノ、オマエ!

ナノニ 裏切ッタ!」

ジャガーマン「ちゃは☆

口先で騙してたシュメル産の獣人さんたちだ。

でもゴメンね、私、一足先に就職しちゃったから。

新しいマスター候補をゲットだから。

……というかぁ、

テメェら、堅気の皆さんに手を出すなってアレほど言ったのを忘れたのかい!?」

マシュ「え、ええーー!?」

イシュタル「ジャガ村先生ーー!?」

ロマニ「いや、なんで毛皮の下がマフィア風の現代服なんだキミーー!?」

アナ「このあらくれ(エグザイル)サーヴァント……!

いいかげんにしてください!」

ウェアジャガーさん「ア、アネサン……!

ダガ アンタハ 堕落シタ!

ヤッツケロ!」

ジャガーマン「チッ……

仕方ねえ。

これも渡世のしがらみってヤツか……

かつての舎弟をマッハで片付ける事になるとはねぇ……

いいぜ、かかってきな?

藤丸サンにアタイの力を見せるいい機会サ。

アタイの棍棒は凶悪だ。

アンタたち、明日のワニ肉は喉を通らないと覚悟しな!」