マーリン、覚えてらっしゃい!アナタには絶対、ぜぇぇぇぇぇったい、ルチャの神髄でお仕置きをしてあげるわ!

第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア

キングゥ「マルドゥークの斧……!

そんなものをエリドゥからここまで——!?

だが!

そんな大振りが当たるものか。

切り札は相手の脚を止めてから使うものだよ、焼き鳥!」

コアトル「焼き鳥とは失礼ね。

頭を引っつかんで地面にめり込ませて反省させるところだけど、今回は許してあげましょう。

なぜなら、私たちの狙い通りだからデース!

あの斧はあくまでパス!

私は頼まれた品物を指定通りバッチリ届けた、有能な配達——

(大きな電撃音)

スーーイーーシーーダーー!!!!!!?」

ジャガーマン「ああ!

ククルんが焼き鳥に!

そしてスイシーダとはスペイン語で自殺の意!」

コアトル「焼き鳥じゃないわ、火の鳥よ!

ああもう、神罰が落ちちゃったじゃない!」

ジャガーマン「おお……

あんなに山盛りだったククルんの神性が……

なんと半分以下に!

んー、女神の契りを破ったけど、自分の意思じゃなかったからセーフだったのかニャ?」

コアトル「マーリン、覚えてらっしゃい!

アナタには絶対、ぜぇぇぇぇぇったい、ルチャの神髄でお仕置きをしてあげるわ!」

キングゥ「ゴルゴーンの神性が低下している——

まさか、今ので神殿が破壊されたのか!?

ケツァル・コアトル……!

そこまでして人間の味方をするのか、貴様は!」

コアトル「ええ!

ここまでする気はありませんでしたが、結果的にそこまでしてしまいましたとも!

あ、でも安心なさいキングゥ。

私の手助けはここまでよ。

ゴルゴーン本人には手を出しません。

彼女を討つのは人間たちの役割ですから。」

キングゥ「……っ!

しまった、ここにあの女神の幼体がいない!

なんて事だ——

あのサーヴァントだけはまずい!

彼女を……

ゴルゴーンを助けに行かないと……

命拾いをしたな、ケツァル・コアトル!

貴様の始末はゴルゴーンを助けた後だ!」

(飛び去る音)

コアトル「……やれやれ。

あとは藤丸君の運次第ね。

けど意外だったわ。

キングゥは本気でゴルゴーンを案じていた。

ゴルゴーンを利用している節もあったけど、あの子はあの子なりに彼女を愛していたのかしら……?」