母を起こスのは 我々ノ仕事ダ。 時代遅れのオマエ(キングゥ)は、ここで死ね。

第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア

マシュ「聖杯……!

キングゥの内部から、聖杯の反応が現れました!」

ロマニ「やはり聖杯を収納していたのはキングゥだったか!

ゴルゴーンは彼経由で聖杯の恩恵を受けていたんだ!

しかし、なぜそれをラフムが奪う!?

キングゥを騙し討ちしてまで!?」

コアトル「ジャガー!」

ジャガーマン「お任せ!」

イシュタル「逃がすかーー!」

ラフム「オマエ ハ モウ 要ラナイ。

コレハ 我々ガ 回収スル。」

(聖杯を取り込む音)

ベル・ラフム「母を起こスのは 我々ノ仕事ダ。

時代遅れのオマエ(キングゥ)は、ここで死ね。」

マシュ「ラフム、聖杯を飲み込んで変形しました!

あれは翼——

ダメです、先輩!

あの個体は飛行専門です!

このままだと逃げられます!」

イシュタル「逃がすかっていうの!

雑魚は任せたわコアトル、私たちはアイツを落とす!

気をつけなさい!

その個体、体内に魔力炉がある!

今までとは段違いの魔力量よ!」