「キャスパリーグ、頼む! 強制転移をしておくれでないかい!?」「フォ〜、フォウ?(なーにいってんだオマエ?)」

第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア

マーリン「ぐっ、私を直接丸呑みにくるかっ!

マルドゥーク神でもあるまいに、助かる筈もない!

キャスパリーグ、頼む!

強制転移をしておくれでないかい!?」

フォウ「フォ〜、フォウ?

(特別意訳:なーにいってんだオマエ?)」

マーリン「ぐわああああああああああ!

おのれ、キャスパリーーーグッ!」

ロマニ「な、マーリンが墜落!?

アイツがいないとケイオスタイドを緩和できないぞ!?

解毒役を優先的に潰しにかかったのか、クソゥ!

これじゃ長期の戦闘は困難だ!

距離をとってくれ、二人とも!

キミたちがケイオスタイドに侵食されたら元も子もない!」

「でも、ここで引き下がる訳には……! こうなったら、侵食されても構わない……!」

マシュ「……でしたら、わたしがマスターの盾となります!

生身であの泥に飲まれたら違う生き物になってしまう……

それは先輩ではありません!

でもデミ・サーヴァントであるわたしなら、少しは耐えられる筈です!

ドクター!

マスターが残るというのなら、わたしも残ります!」

ロマニ「マシュ……!

しかし、キミの体では、もう——」

???「何を言っているか。

長期戦が不可能であれば、一息で決着をつけるのみ。

それとも火力に不安があるのか?

であれば、仕方あるまい。

この我が手を貸そう。」

マシュ「あな、たは——」

ギル「サーヴァント、アーチャー。

英雄王ギルガメッシュ、喧しいので来てやったわ。

なぁに、ここまで来たのだ。

この程度の常識(ルール)破り、許容範囲というものだろう?」