貴様に向ける憎しみはない。 ウルクの民も貴様への怒りはあれ、憎しみは持たぬ。 ただ、分かり合えぬ摂理があるだけだ。

第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア

「黄金の…………! 王様……!」

マシュ「無事だったのですね、ギルガメッシュ王!」

ギル「フッ。

空気を読んだまでの事。

なにしろ、ここは冥界故な。

まだ些かの余地がある。

そしてティアマト神よ。

死を知った事でようやく神の姿に立ち戻ったな。

貴様に向ける憎しみはない。

ウルクの民も貴様への怒りはあれ、憎しみは持たぬ。

ただ、分かり合えぬ摂理があるだけだ。

貴様は産み、管理するもの。

我らは育ち、旅立つもの。

子はどれほどの愛情を持たれようと、母の手から離れなければならん。

それをここで示してやろう!

安心しろ、貴様の亡骸を辱めようなどと思わぬ。

もはや我らに世界の土台は不要なり!

死の国にて、今度こそ眠るがよい!」

ギル「さて。

時間がないのはこちらも同じ。

決着をつけるぞ、カルデアの藤丸!

最後に我と共に戦う栄誉、真に赦す!

神殺しの英雄譚、見事果たしてみせるがいい!」