「先日の非礼をまずはお詫びしたい。あの時の私は、騎士にあるまじき行いをしてしまった。」「え、え、え?」

幕間の物語(男性鯖)

ブラダマンテ「ふんふ〜ん♪

ロジェロどこ〜♪

マーリン様の、お声はまだかな〜♪

(鎧が揺れる音)

はっ。

この足運び、そして気配は……!

よもや!」

アーサー「ああ。君は——」

ブラダマンテ「わわ、わわわっ騎士王陛下!

あの、あの!

先日はサインをねだってしまい申し訳ありませんでした!

ブラダマンテは反省いたしました!

かの騎士王陛下に、こともあろうにおねだりなどと——」

アーサー「ブラダマンテ殿。

お待ちを。

先日の非礼をまずはお詫びしたい。

あの時の私は、騎士にあるまじき行いをしてしまった。」

ブラダマンテ「え、え、え?」

アーサー「レディ。

私は、自己紹介さえしていなかったんだ。

だからどうか、此処でやり直しをさせて欲しい。

いいかな。」

ブラダマンテ「は——はいっ!

はい、ももも勿論です!

あ、でも、いいのかな。

いいのでしょうかっ。

騎士王陛下から直接、ご挨拶などをいただいてしまって……」

アーサー「無論だとも。

私もまた、君とマスターを同じくする仲間の一人だ。

クラスはセイバー。

真名を、アーサー・ペンドラゴン。

当代の聖剣使い。

——そして、異世界から来訪した騎士の王だ!」