どうせ私はうたかたの夢。後先考えずに突っ走ってその後は何もない。私はそれで構わない。そういう存在でいい。

幕間の物語(女性鯖)

マシュ「……クー・フーリンさんの仰っていた通り、誰もいませんね。」

ジェロニモ「いや、居るとも。

そちらでも反応は読み取れるだろう。」

マシュ「……はい、生物はマスター以外存在しません。

そこに存在する“何者か”は全て、霊体です。」

ジャンヌオルタ「それはそうです。

この街はとうに滅びた街。

世界が修復されても、住人が巻き戻ったとしても……。

人理は歴史の帳尻を合わせるだけ。

この時間に染みついた恨みや嘆きは残留する。

恨みや絶望はそう簡単に消えはしない、という事よ。

何かの拍子に、表に出てくることも有り得る。

だから、今の内に潰す。

道理でしょう?

……さあ。次の波が押し寄せてきます。

覚悟はいいですか?」

「覚悟はできている」

ジェロニモ「……マスター、念のため。

彼女の言う覚悟とは生き死にの戦いについてではない。

君は悪しき存在に変貌しつつある無辜の霊を、退治することができるか、と問うているのだ。

ともかく新手が来るぞ!

備えろ!」

幽霊「いたいよ……いたい……。

あつい……くるしい……。

たすけて……たすけて……。

いやだ……しにたくない……。

しぬ……しなない……しぬ……しんだ……。

ころして……ころしてやる……。

おまえら ぜんいん

ころして やる」

(戦闘後)

マシュ「……マスター、気をしっかり保って下さい!

油断していると憑き殺されます!」

ジャンヌオルタ「彼ら彼女らはもう誰を恨んでいいのかすら、理解できていません。

人理修復中、もしここに人が訪れれば、そのまま憑依して殺すでしょう。

……それを防ぎたいなら、全員を昇天させないと。

彼らに罪はなく、彼らに咎はない。

ですが、怨霊となってしまえば救いはなくなる。

まだ彼らがただの一人も殺していない今なら、救われるでしょう。」

ジェロニモ「……藤丸、もう理解しているな?

罪はなく、咎もない彼らが怨霊となったのは何故か。

言うまでもない。

君が召喚した、ジャンヌ・オルタこそがその原因だ。

より正確には、生前のジャンヌ・オルタと呼ぶべきだが……。」

マシュ「……邪竜百年戦争の……犠牲者たちなんですね……。」

ジェロニモ「無論、罪を犯したジャンヌ・オルタ自身は既に倒されている。

新たに召喚されたジャンヌ・オルタにまでその罪を被せる必要はないのかもしれない。

しかし——

ならば彼女は何故、アヴェンジャーとして現界したのだろうね。」

クー・キャス「あー、つまりジェロニモはこう言いたいワケだ。

黒い聖女は“人理修復に協力する”というサーヴァントの大前提を守る気があるのか?

それが無ければ、そりゃ藤丸のサーヴァントじゃない。

サーヴァントとしての立場を利用して、愉悦を感じているだけのイカれた阿呆だ。

テメエはどっちだ?」

ジャンヌオルタ「……それは、私が何より知りたいことよ。

だからこそ、私はこの場にいる。

あらかた、予想通りだったわ。」

マシュ「……と、仰いますと?」

ジャンヌオルタ「もしかしたら、復讐に楽しみを感じるのかもしれない、そう思っていたのだけど。

愉悦なんて、まったく感じられないわ。

反吐が出るほどに面白くもない。」

ジェロニモ「……ほう、それは良いことだ。

確かにこんなもの、面白くも何ともない。

ところで、彼らを滅ぼしたところでおまえが救われる訳ではまったくない。

なのに、何故それを為そうとする?」

ジャンヌオルタ「救いがどうしたっていうの?

どうせ私はうたかたの夢。

後先考えずに、突っ走ってその後は何もない

私はそれで構わない。

そういう存在でいい。

私は罪を贖うために、救われるために存在するんじゃない。

アンタを戦いに勝たせるために、此処に居るのよ。

それを……私は忘れない。

それだけは、忘れない。」

クー・キャス「……へッ。」

ジェロニモ「……ふむ。」

「ありがとう」

ジャンヌオルタ「……礼なんて要らないっつーの。

……さて、残るは城だけね。」

クー・キャス「ここまで来たなら、最後まで付き合うさ。」

ジェロニモ「そうだな、ただし最後におまえの結論を見せて欲しい。

告解ではなく、論理をな。」