わたくしは大悪魔メフィストフェレス! あなたが堕落しなければ、我々が敗北するだけなのですから!

幕間の物語(女性鯖)

メフィスト「何とまあ、呆れたほどに面白い御方だ!

しかし、わたくしを召喚した主にとっては、まったくもって興醒めでしょうなあ!

今頃、怒りで腸を煮えくり返らせているかもしれませんね!

それでは、あなたの選択が間違っていたことを証明してあげましょう!」

ジャンヌ「え……!?」

(大きな爆発音)

「宝具!?」

ジャンヌ「な——!?」

メフィスト「こんなお遊びで本気にして貰っちゃ困りますねェ!

所詮、紛い物ですよ。

ああ、いや。

実のところ、彼らは本物に限りなく近い紛い物ですけれど。

少なくとも、あなたの母親は全く同じ反応ですしぃ?

ピエール・コーションも必ずああ言いますよぅ?」

ジャンヌ「メフィストフェレス……!!」

メフィスト「——ほ、ほ、ほ!

いいですね、いいですね、その表情!」

ジャンヌ「マスター!

そちらの船はもうダメです、こっちに飛び乗って下さい!」

「よ、よしきた!」

(飛び乗る音)

メフィスト「ふふん。

マスターも来ましたか。

なーらーばー……

カモン、シャドウサーヴァント!」

ジャンヌ「シャドウサーヴァント……!

貴方の雇い主とやらは、一体何者……!」

メフィスト「ま、それはそれこれはこれ。

では、レェェェッツ……プレイ!!」

(戦闘後)

メフィスト「くひひひひ!

まーた負けましたか!」

ジャンヌ「強敵でしたよ、貴方は。」

メフィスト「かはははは!

そうじゃないですよ、ジャンヌ・ダルク!

我々は、あなたが己の命を躊躇いなく捨てた時点で既に敗北しているのです!

何故って、そうでしょう?

わたくしは大悪魔メフィストフェレス!

あなたが堕落しなければ、我々が敗北するだけなのですから!

ま、どうやらわたくし、まだまだコキ使われるようでして!

それではまた、お目にかかりましょう!

しーゆーあげいん!」

ジャンヌ「また消えましたね。

倒した訳ではなさそうです。

……でも、何となくですが彼らの目的も掴めてきました。

頑張りま……。

マスター?

あの、もしかしてちょっと…………

怒ってます?」

「命を粗末にするのはどうかと」

ジャンヌ「う。

でも、あのときはそれ以外の方法がありませんでしたし……。

私としては、最善の解決手段だったと申しますか……。」

「分かっている」

ジャンヌ「分かって頂けて何よりです!」

「でも怒っている」

ジャンヌ「……ご、ごめんなさい!

そうだ、カルデア!

カルデアに戻ったら、奢りますよ!

ブーディカさんでもエミヤさんでも、何でもどんとこいです!」

私の旅はまだ続く。

だけど、終わりは見えている。

その旅が終わっても……。

私はまだ、マスターと旅を続けたい。

人の善を守り、人理を守り、英霊として喜んで戦いたい。

これ以上ないほどに、そう願った。