「…戦闘ですか?」「ごめんなさいっ、私は逆らえません、今もきっと上姉さまがこちらを監視していますから!」

幕間の物語(女性鯖)

???「うおー!

ステンノさま、うおおーー!

不埒者は許さんぞー!!」

マシュ「不死系の怪物にまで通用する魅了……

いえ、これが、愛されるために生まれた女神の力!

先輩、来ます!

戦闘は回避できません!」

(戦闘後)

マシュ「……なんとか、撃退できました。

戦闘は終了です。

もう、洞窟の最奥まではすぐですが、どうしましょうか。先輩。」

「宝物をゲットしていこう。行き掛けの駄賃だ!」

マシュ「そう……ですね。

もう、こうなったら不埒者を徹底してしまいましょう。

わたしも思うところがちょっとあります。

ちょっと、ですけど。」

???「……ごめんなさい。」

マシュ「!?」

メドゥーサ「上姉さまが無理を言ったようで……。

すみません、ご迷惑をお掛けしてしまいました。」

マシュ「あなたは……。

サーヴァント・ライダー……メドゥーサさん。

どうしてここに——はっ。

まさか、あなたも。」

メドゥーサ「ごめんなさい……。

私も、不埒者を追い払いなさいと上姉さまから。

ですから、その、私の本意ではないことだけは申し上げます。」

「……戦闘ですか?」

メドゥーサ「ごめんなさいっ、私は逆らえません、今もきっと上姉さまがこちらを監視していますから!

許してください、なんて口には致しません。

でも、とにかく死ぬような目にあわせます!」

マシュ「い、いえそれは!

先輩、メドゥーサさんは割と本気です!」

「やるしかない!」

マシュ「はい、マスター。

……対サーヴァント戦闘、開始します!」

(戦闘後)

メドゥーサ「……負けました。

降参です、どうぞ宝物をお持ちください。」

フォウ「フォウ、フォーウ♪」

マシュ「宝箱ですね。

中身は、一体何なのでしょう?」

(光の中から現れるステンノ)

ステンノ「クリアおめでとう♪

見事、私の課した試練を果たしましたね勇者たち♪」

マシュ「!?」

フォウ「フォ、フォウ!?」

マシュ「……そ、そうですか。

わたしたちと一緒にレイシフトしていたんですね。

それで、わざわざこうして先回りして、宝箱の中に……潜んで……。」

「女神さまー!!」

マシュ「……あっ先輩、また……。」

ステンノ「と言う訳で、宝物は私でした。

喜んでも良くてよ、藤丸。

ほうら、嬉しいでしょう?」

ロマニ「うおー! 嬉しいですとも!!

うおーステンノさまー!!」

マシュ「はぁ……。」

フォウ「フォーウ……。」