おぬしたちなら必ず私を殺せる日が来よう。世界を救うその前に、この身を一度でいいから滅ぼしてくれ。

幕間の物語(女性鯖)

クー・フーリン「師匠?

スカサハー?」

スカサハ「……いや、すまぬ。

ありし日のお前を思い出してな。」

クー・フーリン「照れ臭いからその辺の話は止めてくれ。

で、どうだ?」

スカサハ「うむ……

完璧かどうかは分からぬが、それに近いな。

少なくとも、私の目には整然との違いは見当たらない。」

クー・フーリン「よしよし、そうこなくっちゃな。

それじゃあ、殺るかい?」

スカサハ「……そうだな。

よもやあの小僧が、こうして私の前に立つとは。

人の生とは、不思議極まることばかりだ。

神になるよりは、人として交わりたかったが——。

ふふ、それもまあ贅沢に過ぎぬか。」

クー・フーリン「二兎を追う者は何とやら、って感じだな。」

スカサハ「全くじゃ。

そろそろいいか、クー・フーリン。」

クー・フーリン「——ああ。」

スカサハ「マシュ、おぬしたちも参加しろ。

それで対等だ。」

マシュ「マスター……?」

「覚悟を決めよう」

マシュ「分かりました。

……行きます、スカサハさん!」

スカサハ「——来い!」

(中略)

クー・フーリン「……なあ、スカサハ。

アンタもしかして——。」

スカサハ「う、うむ。

どうやら……私の方も、以前より強くなってしまったらしい。

……いや、そんな気はしていたのだがつい楽しくてな……

暇を見ては竜を殺し、巨人を殺し、怪異を殺し、と……」

クー・フーリン「オレ以上に見境ねえな!?

死ぬ気あるのかアンタは!?」

スカサハ「し、仕方なかろう!

相手が強ければ強いほどその神髄が見たくなる。

強ければ強いほど敬愛し、刃をかわしたくなるというもの!

その結果、どうして腕が上がるのは自明の理ではないかっ!

私のせいではない!」

ロマニ「……はあ。

どんだけバトルマニアなの、影の国の女王様……。」

マシュ「さ、さすがにこのインフレにはついていけません。

せめてもう少しスローペースでないと……。」

クー・フーリン「一朝一夕でどうにかなるもんじゃねえな……。」

スカサハ「そうだな。

……焦る必要はないか。

クー・フーリン、そして藤丸よ。

おぬしたちなら必ず私を殺せる日が来よう。

世界を救うその前に、この身を一度でいいから滅ぼしてくれ。」

クー・フーリン「あいあい、わかっているよ。

腐れ縁だしな、死なば——

いや、死なせばもろともだ。

先はそれなりに長いしな。

女の我が儘に付き合うのも一流のマスターの条件だぜ、藤丸?」