マスターを苦しめるモノがいるのなら容赦なく倒すだけです。悲しい事に、たとえそれが実の妹であったとしても!

幕間の物語(女性鯖)

メドゥーサ「その程度ですか?

私はまだまだ体力を残しているのですが。

そうですね、あと二回の脱皮——

い、いえ、分身が可能なのですよ?」

マシュ「はあ、あ……

キ、キリがありません、先輩……

さすがに、もう……」

???「いいえ、諦めるのは早くてよ、マシュ、藤丸。

とう♪」

メドゥーサ「う、上姉さま!?」

マシュ「ステンノさん!?」

ステンノ「ふふふ。

真打ちは後からやってくると言うでしょう?

姉の不始末は姉の責任。

無駄に大きくて乱暴な駄メドゥーサにおしおきする為、女神ステンノ、華麗に登場させていただきました♡」

マシュ「え……え?

ステンノさん、わたしたち側につくんですか?

メドゥーサさんと一緒に宝物を守るのでは?」

ステンノ「何を言うのマシュ。

今の私は藤丸様のサーヴァント。

マスターを苦しめるモノがいるのなら容赦なく倒すだけです。

悲しい事に、たとえそれが実の妹であったとしても!」

メドゥーサ「そんな、上姉さま!?

ここは下姉さまも呼んで、三人で姉妹仲良く戦うって台本でしたよね!?」

ステンノ「ふふふ。

そんな言葉を素直に信じるなんて、まだまだ修行が足りないのねメドゥーサは。

うまい話は疑ってかかりなさい?

私が貴女の喜ぶ事をしてあげるなんて、そんなこと——

今まで、一度でもあったかしらね……!」

メドゥーサ「あああ、その通りでしたーーー!

なんという説得力なのでしょう……!」

ステンノ「さあ、戦いましょう藤丸!

私、こんなに楽しいサーヴァント戦は初めてだわ!」

マシュ「……メドゥーサさんに同情しますが、これも女神に関わったものの末路なんですね……」

(戦闘後)

メドゥーサ「うう……分身ももう魔力切れです……

凄く……。

疲れました……気を遣いました……。

上姉さま、魔力消費なんて全然気にしないものだから……。」

ステンノ「ふふ。

それは安心なさい、私自身は何も消費していないから。

でも喜ばしいことだわ。

本来の私には戦う力がないのだけれど……

サーヴァントとして現界していれば戦う事もできる。

神話の時にこの力がなかったのが残念だわ。」

マシュ「……き、貴重な経験を得ました。

ありがとうございます、というか……。」

「つかれ……た……。何だか、眠いよ……マシュ……」

マシュ「あ、ああっ、先輩!?

そう……ですよね、通常の戦闘以上に魔力を消費して!」

メドゥーサ「はい。

上姉さまがたっぷり使った魔力ぶん、藤丸さんがきっちり消費されているはずで……。

その、ごめんなさい。

死んでしまったら、ごめんなさい。」

フォウ「フォウ、フォーウ……!」

マシュ「先輩、しっかり!

先輩……っ!」

ステンノ「待って。

気を失う前に伝えておかないと。

今回、残念だけど宝箱はないの。

何度も同じというのも飽きてしまうでしょう?

がっかりさせるのは本意ではないのだけど、でもね。

私、別の宝物を見付けてしまったわ。

おてんばに戦うのもたまには、良いものね。

ええ、私(エウリュアレ)が口にしていた通り。

……癖になってしまいそう。ふふ。

だから、次からは本気で戦ってあげますわ、マスター。

より魅力を増した私の宝具を使いこなしてくださいね?」

マシュ「そんなことより先輩が、ですね!

先輩、しっかり!」

「姉妹……仲良く……してね……」

マシュ「先輩ーー!!」