「見なさい。これがゴルゴン流投影殺法——上姉さま命名、スネイク・マジック、です!」「ぶ、分身したぁ!?」

幕間の物語(女性鯖)

マシュ「不埒者退治?

……あの。流石に、二度目は。

わたしたちでも、その。」

ステンノ「もう、勘違いなさらないで。

前回とは違うのです。

今回のお願いは以前のそれとは趣旨を変えてみたの。

具体的にはね——」

マシュ「……趣旨を変えてみた。

前回、その言葉の意味をきちんと理解すべきでした。

つまり、あなたは再び、思い付いた遊びにわたしたちを巻き込みたいと?」

ステンノ「あら、素敵。

アナタは頭の回転が良いのね、マシュ。」

マシュ「いえ、その……。

魅了スキルが効いていませんから……。

本当にわたしを言いくるめるつもりなら、前回と同じロジックではなくて、もう少し手を——」

ロマニ「承知しました女神ステンノ!

このロマニ・アーキマン、一命を賭して勤め上げます!」

マシュ「あっ。」

フォウ「フォウ、フォーウフォウ!!」

マシュ「フォウさんまで……。」

「女神さまー!!」

マシュ「……また、先輩まで……。

……それで、ステンノさん。

今回もまた『カタチのある島』で不埒者退治ですか?」

ステンノ「ええ、そうよ。

でも今度は本当に趣向を凝らしているの、楽しんでね♪」

ロマニ「楽しい!

既にボクは楽しいですとも女神サマ!

さーやるぞマシュ、藤丸君! いざ!」

マシュ「(ええー)」

ロマニ「レイシフト開始!!

行ってらっしゃい一世紀!!」

ステンノ「気を付けてね、ふたりとも。

今度は、すこうし、大変なクエストかもしれなくてよ?」

(中略)

マシュ「サーヴァント・ライダー……メドゥーサさん。

またなんですね。」

メドゥーサ「……それを言わないでください。

私も辛いのです。

宝を狙う不埒者を今度こそ追い返しなさいと上姉さまが。

ですから、その、今回は本当に厳しいと思いますが頑張ってください!」

「戦闘ですね」

メドゥーサ「ごめんなさい、何度も何度も。

でも、許してくれとは言いません。

今回はとにかく本気ですから。

上姉さまの命令とはいえ、私も英霊のはしくれです。

二度も破れる訳にはいきません。

見なさい。これがゴルゴン流投影殺法——

上姉さま命名、スネイク・マジック、です!」

「ぶ、分身したぁ!?」

メドゥーサ「……はい。

期待通りの反応、ありがとうございます。

ホント言うと恥ずかしかったので、助かりました。」

マシュ「先輩、和んでいる場合ではありません!

見た目のインパクトはともかく、戦力は本物です!

敵は複数のサーヴァント——

全力で迎撃します、マスター!」