「料理、できるの!?」「何をいう。アタシ、こう見えて料理はうまいぞ。実は万能メイド属性なのだ。」

幕間の物語(女性鯖)

キャット「ご主人、狩りに行くぞっ!」

マシュ「ひゃっ!?

キャ、キャットさん、いきなり驚かさないでください!」

キャット「うむ、それはすまなんだ、ナンマンダブ。

だが溢れる野性は止められぬ故な。

そこんとこ分かれ。」

マシュ「そ、それにしても唐突すぎるかと……

先輩も何か注意してあげてください。」

「お腹がすいた?」

キャット「それも理由の一つと言っておこう!

だがやはりご主人は話がわかるナ!

これは、もしや狩りに行くしかないのではないか?」

フォウ「フォウ?」

キャット「お、ナイスデザイン。

そのリス、可愛いナー。

アタシの肉球に乗ってもいいぞ。いや乗れ。」

フォウ「フォウ、フォーウ!」

キャット「わははははははは!

くすぐったい、くすぐったい!

——隙あり!」

フォウ「フォウ!?

ンー、キャキャーーーーウ!」

キャット「ふはは、この可愛いのは預かった!

むぎゅっとされたくなければマシュも狩りに行くぞ!」

マシュ「ああ、フォウさんが人質に……!?

先輩、キャットさんはああ見えて頭脳派です!」

「うん。たまに賢いよ、キャット」

(中略)

キャット「うむ、よい戦いだった。

これで狩りは終了なのだな。」

マシュ「でも……あの、鮭も牛も仕留めただけ、ですよね?

狩りというから、てっきり……」

キャット「うん?

そうだぞ、これは材料だ。

今回の最終目的はご主人のバンゴハンだからな!」

「なんと!? 料理、できるの!?」

キャット「何をいう。

アタシ、こう見えて料理はうまいぞ。

実は万能メイド属性なのだ。」

「うっそだぁ〜」

マシュ「先輩に同意します。

キャットさんにかぎって、そんな。あはは。」

(帰還後)

キャット「ほい。ガーリックステーキとかぼちゃのテリーヌ、チキンローストディアボロソース、かぼちゃのプリンとかぼちゃのパイ。

あとテキトーにカナッペを四種類ほど作ってみたゾ。」

マシュ「料理が上手なの、ホントでした……!」

キャット「アタシは嘘は言わないからな。

味の方はいかが、ご主人?」

「……旨い。旨すぎる……これからずっと俺のゴハンを作ってくれ」

キャット「ニャハハ、喜んでもらえてなによりだワン。

でも気にするな、こんなの日頃の恩返しだってば。

そして照れくさいのでこの台詞で締めるアタシ。

——では、報酬にニンジンをいただこう!」