無垢なる巨人ギラ・ダッカ! その真なる正体こそはダナンの妖精王アヴァータ! 何故、貴方はカルデアに訪れたのか…!

幕間の物語(男性鯖)

謎の剣鬼「……………………おまえではない。

おまえではない。

おまえではない。

槍だけでは足りぬ。

槍だけでは足りぬ。

見せよ、真なる力を。

見せよ、海と異界の神(マナナン)に育てられし騎士の力を。」

ディル「マスター、お下がりください!」

謎の剣鬼「……………………おまえでは、ないのだ。」

ディル「(我が魔槍が通じない?

いや。違う。…………これは!!)」

声「——そう、彼は剣での戦いを求めているのだ。

——故に、剣以外の刃で彼が死すことはない。」

ディル「!!」

マシュ「強力な魔力反応!

敵性反応は検出されませんが、一体——」

ディル「新手か?

いいや、むしろこの感覚は……」

影からの声「——すまない、迷惑を掛けたな。

彼が求めているのは貴様ではあるが俺でもあるのだ。」

ディル「貴様は……。

そういうことか……。」

マシュ「ディルムッドさん!?」

清姫「まあ、槍の穂先を下げて……

敵の前でそんなことをして危なくはないのですか?」

ディル「ええ、この影は違うのです。

これは——

そう、たとえて言うなれば援軍でしょうか。」

影からの声「その通り。

しかし今の俺は仮初めの肉体さえ持たぬ。

故に、貴様の霊基を借りたい。

そしてマスター。

どうか、あなたの承認を得たい。」

ディルムッド「……マスター。

私からもお頼み申し上げる!

あれなる辻斬りを倒すには、どうしても必要なのです。」

「ディルムッドを信じるよ」

影からの声「承知!」

マシュ「霊基の同調……!?

ディルムッドさんの霊基が変化していきます……!!」

ディル「——サーヴァント、セイバー。

フィオナ騎士団ディルムッド・オディナ。

二振りの魔剣を持ちてここに参上した!

シミュレーターに顕れたる辻斬りよ!

いや、無垢なる巨人ギラ・ダッカ!

その真なる正体こそはダナンの妖精王アヴァータ!

何故、貴方はカルデアに訪れたのか……!」

マシュ「ダナンの妖精王アヴァータ!?」

清姫「ど、どなたですかそれは!」

マシュ「かつてのエリンに存在したという妖精郷、その一つを支配する王の名前です!

ケルト神話、フィニアンサイクルにおける伝説ではフィオナ騎士団と同盟を組んで戦ったとされ……

同盟を組むまでの経緯を綴る逸話によれば、ディルムッドさんは妖精王の騎士と戦ったとも……

あるいは!

妖精王本人と戦ったとも言われています!」

謎の剣鬼「おお、おお……

おおおおおおおおおおおおお……

その姿こそは魔剣携えしフィオナの騎士。

遂に、我が前に現れてくれたのか。

あなたの剣を夢に見たのだ。

あなたの剣が、再び地上で煌めく姿を見たのだ。

ゆえに我が想いは時空を超えて是なる電子の領域に辿り着いたが……

…………嗚呼、再び巡り逢えたのだなディルムッド!

魔剣モラ・ルタと魔槍ゲイ・ジャルグを携えた必勝のフィンの騎士ではなく!

二振りの魔槍を持つランサーなる姿でもなく!

二振りの魔剣を持つセイバーなる姿として、遂に!

あの日、あの時……

貴公のみが辿り着くことを許された断崖の果て!

泉で見えた時には叶わなんだ姿にて!

双剣の……!

双剣の騎士ディルムッド!

貴公を!

嗚呼、この私は打ち倒したいのだ!」

ディル「…………我が儘な王だ。貴方は。

しかしその想い、しかと受け止めた!

ならば応えよう!

フィオナ騎士団が一番槍ディルムッド・オディナ!

今は双剣の騎士として——

——今度こそ!

貴方の剣に打ち克ってみせよう!」