X…オルタ…!? 何を…や、やめろ…やめて、ください。わ、私は、えっちゃんです。そんな名称、では…ううっ…。

幕間の物語(女性鯖)

Xオルタ「——Xさん、Xさん、生きていますか。

私の声が聞こえていますか?

ハローハロー。」

X「ハァ……ハァ……このくらい……

へーきのへーに決まってるじゃないですか……。

女幹部サベッジクイーンとの死闘も易々とくぐりぬけ……

触手元帥サニティ・ジルのイカゲソどもを華麗に弄んでやったくらいで……。」

Xオルタ「あとネームレス・レッドが弾いた超人ヘラクの重量子斧剣(バリオンアックス)が、さくっと脇腹を貫通していました。」

X「うああ、そうでしたぁ。

レッドぉ、あの人ほんと何なんですかねアイタタ……。

セイバー忍法・霊基を持った残像回避がなければヤバかった。

マジヤバかった。」

Xオルタ「…………普通に即死モノでしょう。

そしてサーヴァントであっても既に超重傷です。

Xさんのあやしげなセイバー忍法とやらが初めて役に立ちましたが。」

X「ハァァ!?

聞き捨てなりません!

……イデデッ……。」

Xオルタ「強力な妨害電波……。

やはり敵地の中心部では通信も無理……ですね。

他の仲間たちともはぐれてしまいましたし。

……Xさんの戦闘ダメージも甚大です。

どこか安全に回復できる場所を探しましょう。

またいつ戦闘ヴォロイドたちが襲ってくるかわかりません。」

X「ハッ、この大決戦の最中に、何を悠長な——ゴファッ。」

Xオルタ「ほら、言わないことでは。

私は周囲の警戒と探索をします。

黒騎士くん、きみはXさんを運ぶのを手伝って。

こらこら、きみのことだってば。

ヴォロイドK6-X4。しっかりするんだ。」

「りょ、了解!」

Xオルタ「——よし。

うまく防衛機構を騙して、敵基地に侵入できたようです。

ですが……こんなすさんだ場所ではXさんの回復もままなりませんね。

え? なんですか黒騎士くん。

……まだ敵が……!?

——! あなたは……?」

???「ほう。

アンタのツレはくたばりかけでお休み中か。

そいつは好都合だ。

邪魔が入らずに済む。」

Xオルタ「……!!

デミ・フェット……!!」

デミフェット「おっと、ここで無駄弾を使う気は無い。

くたばりかけのソイツを仕留めても今のオレには1クレジットにもならんのでね。

ヴィラン連合はもっと大物にご執心だ。

それより、アンタだ。

——ヒロインX・オルタ。」

Xオルタ「X……オルタ……!?

何を……や、やめろ……やめて、ください。

わ、私は、えっちゃんです。

そんな名称、では……ううっ……。」

「X・オルタ? 何か思い出したの?」

Xオルタ「そうだ……私は……コスモカルデア学園へ来る以前……宇宙を放浪して……ううっ……。

黒騎士くん……

きみにも記憶を暗号化された領域があったね。

もしや、それとも関係が……ハァ……ハァ……。

ああ……こんなおかしな私を……

Xさんに見せたくない……。」

デミフェット「あいにく、無駄口を叩く時間はない。

今はヴィラン連合に押され、ライオンヘッド率いるヒーロー側が劣勢だが——

そろそろ事態を聞きつけた銀河警察が介入する。

頼まれもしないのに、あいかわらずお節介な連中だよ。

遅からずエーサバは堕ちるだろう。

オレも惑星脱出の算段をつけていたところだ。

そこでだ——どうだ、アンタ。

このままオレに同行しろ。

アンタをヴィラン連合の主力に引き合わせてやる。」

Xオルタ「や……やめてください!

私は、コスモカルデア学園の、一員として……!

X「(この惑星に降りてからというもの、えっちゃんは様子がおかしかったです。

フラフラと単独行動をしたり、妙に凶暴だったり。

虫の居所のせいかと思いきや、そういう事でしたか……

……なるほど。……全然わからん)」

「(ヒロインX……? いつの間にか気づいて?)」

X「(おっと、騒がないように黒バケツ。

私の忍法が炸裂しますよ。

尾行者がいるくらい気づいていました。

隙あらば、反撃してやろうと身構えてましたが……

よくわからない事態になってきました。

あのワイルドスピード風味のチーフレッドの親戚がえっちゃんに手を出したらぶん殴りますが……

口惜しいですがこの負傷では……しばし様子見です)」

デミフェット「——そうか、なら勝手にするがいい。

オレは消える。

そこまで構ってやる義理もないしな。

ヴィラン連合からの報奨金を期待できる、そう思ったまでだ。」

Xオルタ「…………もう、いいでしょう、賞金稼ぎ。

行ってください。

Xさんが目覚めないうちに。」

デミフェット「……ふっ。

無駄死にで賞金をふいにしてくれるな。

……ああ、そうだった。

こいつはヌルい儲け話を逃した金稼ぎの単なる愚痴だが……。

サベッジクイーンの重力槍から受けた傷はそう易々とは治らんぞ。

不治の呪いを解く手段でもあれば別だがな。」

Xオルタ「……えっ……そんな!」

デミフェット「この通路の先は、自動工場の中枢部だ。

サーヴァントの回復加速施設もあるかもしれんな。

まあ、それ以前に防衛ヴォロイドどもにしてやられるだろうがな。」

(歩き去る音)

Xオルタ「……デミ・フェット、あなたも結構なお節介です。」

X「(……まったくですよ!)」