「あれだけでいいんですか?」「…ああ。…安心しろ、沖田。…新撰組は終わらねぇ。…俺が終わらせねぇ。」

幕間の物語(男性鯖)

沖田「いつまで寝ているのですか!

さっさと立ちなさい!」

「沖田さん?」

沖田「いいですか、斬りあいは気合です。

型だの技だのはどうでもいいんです。

人を斬るのは刀ではありません。

体で斬るのです!」

土方「おい、沖田。

新入り痛めつけるのもほどほどにしとけよ。」

沖田「何を甘いことを言ってるんですか土方さん。

この程度で音を上げるようでは新撰組の隊士は務まりません。

さあ、さっさと立って続きを……

……っ!?」

土方「どうした?」

沖田「……いえ、なんでもありません。

新入り君、少し休憩にしましょう。

今のうちに体の泥を落としておきなさい。」

(歩き去る音)

土方「…………。

おう新入り、今日は稽古は終いだ。」

「え? でも休憩って……」

土方「いいから部屋に戻って見回りの準備でもしとけ。

ここんとこ長州や土佐の連中の動きが怪しい。

いつでも出れるようにな。」

「(サーヴァントの記憶……?)」

土方「斉藤! 原田! 

おまえらは上! 俺は下だ!

誰一人逃がすんじゃねぇぞ!

会津や桑名の連中は寄せ付けるな!

ここは新撰組が陣取った!!」

隊士「土方さん! 沖田さんが……!」

沖田「……だ、大丈夫です。

少し気分が悪いだけですから。」

土方「動けねぇなら邪魔だから下がってろ!

新入り! 沖田を外に運んどけ!」

沖田「申し訳ありません。

少し休んだらすぐ戻りますから……!」

沖田「ああ、新入り君でしたか?

すみませんね、こんな大事な時に……。

コフッ!」

「沖田さん……、血が……!? すぐ土方さんに……!」

沖田「ダメです!!

だ、大丈夫です……、少し調子が悪いだけですから。

私のことはみんなには黙っていてください……。」

「沖田さん……でも……」

沖田「今は新撰組の大事な時なんです。

近藤さん……、土方さん……、私たちの夢が叶うのも、もう目の前なんですから。

ですから、どうか私の身体のことはみんなには黙っていてください……。

……お願いします。」

隊士「おい、聞いたか?

俺たち新撰組が全員幕臣に取り立てだってよ。

これまでの俺たちの忠勤が、ようやく幕府に認められたってことだな!

近藤局長は御目見得以上、晴れて旗本ってわけだ。

おかげで俺たちもいい思いができそうだぜ!」

沖田「…………。」

「うれしくないんですか?」

沖田「いえ、うれしいですよ。

近藤さんの夢がついに実現するんですからね。」

土方「おう、沖田に新入り、ここにいたのか。

近藤さんから話がある、隊士は全員外に集まれ。」

沖田「さては例の幕臣へのお取り立ての話ですね。

ついに新撰組もここまで来ましたか。

いやー、これも沖田さん大活躍のおかげですかね!」

土方「浮かれてんじゃねぇぞ。

俺はこんなところじゃまだ満足してねぇからな。

近藤さんには大大名まで上り詰めてもらう。」

沖田「大大名とは大きく出ましたね、土方さん。

ですがそういう事ならこの沖田さんも、さらなる大勝利をしていきませんとね!

あ、原田さん達も呼んできますね!」

「あの、沖田さんは……もう身体が……」

土方「……いいから、てめぇもさっさと行け。

…………。」

土方「新撰組前進!

退くな! 斬れ! 進めぇえええっ!!」

隊士「ダメです!

銃弾と砲撃で身動き取れません!」

土方「黙れ! 退く奴は俺が斬る!」

隊士「滅茶苦茶だ!

刀一本でどうしろっていうんですか!」

土方「くそっ!

俺の新撰組が負ける……だと?

剣が……、役に立たねぇってのか……!」

沖田「そうですか……、先の戦いでそんなことが……。

すみません、大事な時にお役に立てず……。」

土方「フン、てめぇがいたからどうなったって話でもねぇ。

要は装備の違いって話だ。

次はこうはいかねぇからな。

江戸で装備を調えたら目にもの見せてやる。」

沖田「さすが土方さん、めげませんね!

これは沖田さんも銃の扱いに慣れておかないとですかね。」

土方「いいからてめぇはおとなしく寝てろ。

海風に当たってまた倒れられたらかなわん。」

沖田「はいはい、わかってますって。

とにかく次こそ沖田さん大勝利してみせますんで、期待していてくださいね!」

(歩き去る音)

土方「…………。

……新入り、江戸に着き次第、沖田は療養所入りだ。」

「わかりました……」

土方「あいつには黙っとけ。

…………。

とにかく俺たちは江戸で仕切り直しだ。

……まだだ、まだ新撰組は終わらねぇ。

江戸で装備を調えたら東海道が中山道、恐らくどちらかで薩長とやりあう事になる。

……まだ勝負はこれからだ。」

沖田「えー!?

どうしたんです、土方さん!?

その格好は!?」

土方「どうだ、格好がいいだろう?

隊の装備も洋式に改めた。

もう薩長にいいようにはやらせねぇさ。」

沖田「はぁ……、新入り君も洋式の服に銃ですか。

甲陽鎮撫隊でしたっけ?

新撰組の新しい名前。

いやいや、刀の時代も終わりってことなんですかねぇ。

これには天才剣士の沖田さんもびっくりですよ。」

土方「…………。」

沖田「…………。」

土方「……俺たちはこれから甲州入りだ。

甲府城で薩長の奴らを迎え撃つ。」

沖田「そうですか……。

私はいけませんが、近藤さんを……。

………………よろしくお願いします。」

土方「…………。」

沖田「…………。」

土方「…………じゃあな。」

沖田「…………はい。」

「沖田さん……あれだけでいいんですか?」

土方「………ああ。

…………安心しろ、沖田。

……新撰組は終わらねぇ。

……俺が終わらせねぇ。

………………行くぞ、次は甲州だ。」