「まあ、たしかに女は小さくて可憐でなくちゃな。こんなデカ女こっちから願い下げだぜ。」「……(イラッ)」

幕間の物語(女性鯖)

若者「よー、ねーちゃん、いい体してんじゃねーか。

ちょっくら俺らに付き合ってくんねーかなぁ?」

メドゥーサ「……?

藤丸、彼らは誰のことを言っているのでしょうか?」

「うーん、この典型的な……」

若者「ヒヒヒ……、そんなガキと遊ぶより俺らと遊ぶ方が全然楽しいぜぇ〜。」

メドゥーサ「すみませんが、私はいま藤丸と楽しく思える時間を過ごしておりますので。

速やかに視界から消え去ってくれると助かるのですが……。」

若者「なんだと〜?

お高くとまりやがって……

おい、野郎ども少し痛い目見せてやんな!!」

メドゥーサ「……はあ。

慣れているとはいえ、こういつも通りだと頭が痛くなります。

申し訳ありません、藤丸。

少々、荒事の時間をいただきます。」

若者「な、なんて馬鹿力だ……この女……

ち、ちくしょう!!

先生!! 先生を呼べ!!」

若者「それが、このデカ女・・・とんでもねぇ怪力・・でして。」

先生「ちっ、女ひとりにいいようにやられやがって。

まあ、たしかに女は小さくて可憐でなくちゃな。

こんなデカ女・・・こっちから願い下げだぜ。」

メドゥーサ「……(イラッ)

……マスター。

私、ちょっと本気を出してもよいでしょうか?

いえ、怒ってはいません、怒ってはいませんが……

ちょっと、魔眼が疼いているだけで。」

マシュ「先輩、助太刀に……!!

あ、これいらないですね、流れ的に。」

(戦闘後)

先生「……!?(カチーン)」

若者「ああっ!?

先生がなぜか石に!?

くそっ、おぼえてろー!!!!」

メドゥーサ「ふぅ……

ついカッとなってしまいました。

藤丸、すみませんでした。」

「そういう時ってあるよね」

メドゥーサ「フフ……

貴方は優しいのですね。

お気遣い、感謝します。

それに私のような者にも普通に接してくれています。

死に近づく者たちは皆、恐怖に顔を歪ませたまま、石くれになっていったものですが……。」

マシュ「メドゥーサさん……。」

ロマニ「ゴルゴンの女怪メドゥーサか……。

ところで、お姉さん達なんだけど、一体どんな……。」

メドゥーサ「姉様たちはそれはもう可愛らしいですよ。

粗暴な私とはまるで正反対ですから。」

「仲良し姉妹なんだね」

メドゥーサ「……!

……ありがとうございます、藤丸。

貴方と過ごす時間はとても好ましいものです。

不束者ですが、これからもよろしくお願いしますね。」