「JKの姿はあざとすぎて笑い死ぬかと思ったよ!全サーヴァントを代表して慰謝料でも貰おうかな! 」「ジェ、JKのどこが悪いのですっ!?」

幕間の物語(女性鯖)

ジャンヌ「その奔放な立ち振る舞い、もはや看過できません!

カルカッソンヌのように広く固い私の堪忍袋も木っ端微塵に砕け散りました!」

アストルフォ「それはこっちの台詞だよ、ムッツリ聖女!

なーにが節度あれ節度あれ、だ!

そのぶよぶよした体付きで言われても説得力ゼロなんだけど!

あとJKの姿はあざとすぎて笑い死ぬかと思ったよ!

全サーヴァントを代表して慰謝料でも貰おうかな!」

ジャンヌ「ジェ、JKのどこが悪いのです——っ!?」

アストルフォ「ジャンヌオルタとかバカじゃないのぉーー!?」

マシュ「これは…………

控えめに言って、地獄?」

ロマニ「よし諸君、見なかった事にして帰ろう。

これは手を出しちゃいけない案件だ。」

「これを放置しろと?」

メディアリリィ「藤丸さん……!

ええ、私、信じていました!

信じていましたから!」

ロマニ「……仕方ないなあ。

じゃあ藤丸君、どうぞ。」

「たしかにオルタはどうかと思った!」

ジャンヌ「アストルフォのシンパですか!?

シンパですね! この倒錯者!

地獄にJ・Gジェット・ゴー

なーんかどこかで見た顔ですが、邪魔をするのなら容赦はしません!

きたれ、聖女の使い、規律の風!

我が旗の下に集い、我に絶対服従せよ!」

ワイバーン「きしゃー。

たすけ、きしゃー!」

ジャンヌ「見なさい、ワイバーンを使役する事ぐらい、実は私だってできるのです!

でも色々と大事なものを失うので、怒り心頭の時まで隠していただけなのです!」

ロマニ「ちょっ、ホントはオルタじゃないか彼女!?

待て、話せばわかる、話をしよう!

ボクはどっちかっていうとジャンヌ派だからね!」

ジャンヌ「問答無用、弁明却下!

さあ、いきなさいジャンヌ隊!

不届きものたちに天誅を!」

ワイバーン「きしゃー。ひど、きしゃー!」

(戦闘後)

ジャンヌ「そんな……

私の親衛隊が、あっさり……!」

アストルフォ「フッ、当然だよ。

旗の力でむりやり従わせたファンなんてその程度さ!

今度はこっちの番だ!

みんな、出番だよー!」

ロマニ「今度は馬の軍団だーー!」

アストルフォ「見たか、これが角笛の力で洗脳した仲間たちさ!

さあ、覚悟しろインチキ聖女!

ボクをさしおいてJKデビューとか、もう殺すしかない!」

マシュ「ああ、このままではまた戦いに……!

マスター、ケンカを止めてください!」

「そのミニスカートはどうかと思う!」

アストルフォ「そういえば、さっきからうるさいキミたちは誰さ!?

よし、よく分かんないから一緒にやっつけるぞ!

だってボクは理性が蒸発しているからね!

面倒なことは勝ってから考えるよ!」

ロマニ「こっちも大概だな!

気をつけるんだ藤丸君!」

(戦闘後)

マシュ「はぁ、はぁ……お二人とも、どうかおちついて……

わたしたちは只の通りすがりというか……」

ジャンヌ「むむう、髪の毛ばかりか脳内まで桃色とはいえ、アストルフォは私が一目置く騎兵……

その軍団を倒すなんて……」

アストルフォ「なんて連中だ、体付きばかりか脳内まで鈍いとはいえ、ジャンヌはボクがライバルと認めたサブヒロイン……

その軍団を倒すなんて……」

マシュ「あの、実は仲が良いんじゃないですか?」

ジャンヌ「こうなったら二人がかりです!

いきますよ、アストルフォ!」

アストルフォ「もっちろん、息を合わせて敵を倒すぞっ!

ボクたちの抜群のコンビネーションを見せてやる!」

ロマニ「よーし結論が出たな!

もういい藤丸君、ケンカ両成敗だ!

このバーサーカーたちに理性の剣を与えてやりたまえ!」

(戦闘後)

マシュ「対象、沈黙しました。

ですが問題は解決していません。」

ロマニ「ああ、むしろ悪化の一途をたどっている。

あの二人、目を覚ましたらいっそう凶暴に——」

メディアリリィ「ご心配いりませんわ。

ここは私にお任せください。

まずは短剣を取り出して、と……

んー、このあたり? 

ここがいいかしら?

えーい、ペイン・ブレイカー!」

マシュ「メディアさん!?」

ロマニ「ななな、なにが起きたんだい!?

まさか、気絶して無抵抗の英霊に宝具をぶっ刺したのかい!?」

「見なかった事にしよう」

ジャンヌ「うーん……ハッ!?

ここは一体……そして私の上に乗っているのは……

アストルフォではないですか!?

どうしたのです、この酷いたんこぶは!?

いったい誰にやられたのです!」

マシュ「…………えっと、それはジャ、」

ロマニ「シッ。黙ってるんだマシュ。

旗の殴打による痣はなかった。いいね。」

アストルフォ「うーん……ハッ!?

ここは一体……そしてボクの下にいるのは……

ジェンヌじゃないか!

どうしたんだよ、その執拗に胸を狙ったような擦り傷!

いったい誰にやられたのさ!?」

マシュ「ですから、それはアス、」

「黙っていよう、マシュ」

メディアリリィ「良かった。

些細な事でケンカになったようですが、おふたりとも、これで元通りです。」

ロマニ「……そうか。

メディア・リリィは王女メディアとは正反対の属性だった。

だからその宝具も裏切りの魔女メディアとは正反対。

彼女の宝具は諍いを治すものなんだ。」

ジャンヌ「なんにせよ……はい、どっこいしょっと。

他にケガはなさそうで安心しました、アストルフォ。

そういえば空の旅に連れて行ってもらう約束でしたね。

アナタのヒポグリフは健在ですか?」

アストルフォ「もっちろん。

ジャンヌ、体重は見た目通りでしょ?

なら乗せても飛ぶのに支障はないさ!」

ジャンヌ「それは楽しみですね。

ヒポグリフの乗り心地はさぞ——

おや。藤丸さんではないですか。

それに……スンスン。

この甘い匂いは……ハチミツですか?」

マシュ「はい。

先ほどから、たいへん美味しそうな匂いが漂っています。」

メディアリリィ「はい。

手が空いたのでパンケーキを作らせていただきました。

イヤな事はこれで忘れて、どうぞ幸せな午後をお過ごしください。」

ジャンヌ「これはありがたい。

なぜかお腹が減っていたのです。

……運動でもしたのでしょうか……」

アストルフォ「あ、美味しーい!

このパンケーキ美味しい!

ほらジャンヌ、食べてみなよ!」

ジャンヌ「ええ、では遠慮なくいただきます。

お——おお、お……!?

これは宝具級の甘みですね!?」

マシュ「あっという間に、仲良くスイーツを楽しむ女子二人組になってしまいました……」

「うんうん。仲良きことは美しき哉」

メディアリリィ「ふふふ。

これもみなさんが力を貸してくれたおかげです。

私の無茶にお付き合いいただき、ありがとうございます。

今後もよろしくお願いしますね、マスター。」

マシュ「はい、素晴らしい手腕でした。

メディアさんはケンカ仲裁の達人ですね。」

メディアリリィ「ええ。

だって私、仲良しの魔女ですもの♡」