こやつが成長し、後々災いをもたらさぬともかぎらぬ! 物事は確実に、出来るうちに片付けておくものよ!

幕間の物語(男性鯖)

弁慶「うむ、訓練用ながら、なかなか骨のある戦いだった。」

マシュ「……おかしいですね。

これほど強い訳ではないのですが……。」

弁慶「では、次をお願いしたい。

言うまでもなく手加減無用に候。」

マシュ「はい、次ですね。

ドクター、お願いします。」

ロマニ「ああ。

しかしあれほどの強さに設定したつもりはなかったんだがなあ……これでどうかな?」

(通信が乱れる)

マシュ「ドクター?」

マシュ「な、これは——!?」

弁慶「おお、次はとうとう言語を解するようになったか。

知能があるなら、戦い方も一層厳しくなるであろう!

善哉善哉。

さあ、来い!」

(戦闘後)

弁慶「うむ、これで終わりだ!

ふぅ。実に良い汗を掻いた……。」

マシュ「ドクター? ドクター?

……むぅ、連絡が取れません。」

弁慶「少々物足りないが、そろそろ終わりかな?」

マシュ「そうした方が良さそうですね。

レイシフト帰還の準備をしましょう。

……え? 

この反応は……!!」

マシュ「くっ……

これはトレーニング用の霊体がこちらの予想を上回る速度で成長しています!

今の彼らは、シャドウサーヴァントと同等……いえ、それ以上、サーヴァントに匹敵する力を持ち始めています!」

弁慶「——ほう、サーヴァントか。

では、手合わせするが道理だな!」

マシュ「え!?

ここは撤退すべきでは……!」

弁慶「禍根は残さないに限るぞ、マシュ殿!

こやつが成長し、後々災いをもたらさぬともかぎらぬ!

物事は確実に、出来るうちに片付けておくものよ!

少なくとも、拙僧の得物ぶきはそう唸っておるからな!」

マシュ「……わかりました!

マスター、改めて指示をお願いします!」

弁慶「——さあ、来い。

牛若丸が家来、武蔵坊弁慶。

この薙刀喰ろうて、冥土の土産といたせ!」

(戦闘後)

弁慶「ははははは! 愉快愉快!」

シャドウサーヴァント「オマ、オマエ、オマエモ、ニセモノノ、クセニ……!!」

弁慶「……。」

ロマニ「おーい、どうしたんだー?

おーい、おーいってば。」

マシュ「……はあ。

ドクターと無線が通じました。

これで帰還しましょう。」

弁慶「うむ。

充分な鍛錬になったからな!

……ありがとう、マスター殿。

これからも引き続き、拙僧は貴方にお仕え申し上げよう。」