『天下無双』『飛将軍』『人中の呂布』 彼を讃える言葉は数あれど、裏切りを繰り返し、忌み嫌われた彼を人々はこう呼んだ。『虎狼』…ってね。

幕間の物語(男性鯖)

マシュ「お疲れ様です先輩、コーヒーどうぞ。」

「いつも、ありがとう」

マシュ「いえ、そんな……。

あ、ドクターから先輩にお話があるそうです。」

ロマニ「うん、夜分遅くすまないね。

で、ボクの話っていうのはね……。」

ロマニ「彼だよ、彼!!

バーサーカー!!

見張りにバーサーカーって、ちょっとおかしくない?」

「そうかな?」

ロマニ「いや、まあ……。

バーサーカーは理性を奪われたサーヴァントだ、ある意味もっともマスターに忠実と言えるかもしれない。

でも、あのバーサーカーは特別だ。

君も話ぐらいは聞いたことがあるだろう?

『天下無双』『飛将軍』『人中の呂布』

彼を讃える言葉は数あれど、裏切りを繰り返し、忌み嫌われた彼を人々はこう呼んだ。

『虎狼』……ってね。

だからさー、彼を見張りにするなんてよくないよ。

危ないって、藤丸君……。」

呂布「…………。」

ロマニ「ひっ……!?

今こっち睨んでなかった?」

ロマニ「ギャー!!? 

やっぱりー!!!??

お、お許しをー!!? ……って、あれ?」

フォウ「フォウ!!」

マシュ「いえ、これは……マスター、敵襲です!!」

「さすが飛将軍!!」

マシュ「来ます!! 迎撃を!!」

(戦闘後)

マシュ「……なんとか撃退しました。

それにしても、凄まじい戦いぶりでしたね。」

ロマニ「ああ……確かにこいつは『天下無双』だ。

看板に偽りなし、って感じだけど……。」

「ありがとう!!」

呂布「…………。」

フォウ「フォーウ!!」

ロマニ「『虎狼』……『呂布奉先』か……。

そういえば、彼は一人の女性のために生涯を捧げた。

っていう逸話もあったね……。

さてさて、どっちが本当の彼なのか……。」

マシュ「本当の自分……。」