自らのステータスと姿を隠ぺいする能力、でしたか? それにしても、兜を脱いで間近で見てもはっきりしないなんて…。

幕間の物語(男性鯖)

マシュ「ランスロットさんの素顔……ですか?」

ロマニ「うん、彼、いつも暑苦しい兜かぶってるだろう?

素顔、気になるじゃない?」

「イケメンかな?」

フォウ「フォーウ?」

ロマニ「そりゃもうなんたって、騎士といえばランスロット!

世界じゃご婦人方には、大人気の英霊だしね。」

マシュ「はぁ……。

でも、どうやって兜を脱がせるのですか?」

ロマニ「作戦その1

『戦闘中に、つい手が滑って!!』

さあ、張り切っていってみよう!」

(中略)

ロマニ「ごめん……操作を間違えちゃった。

とんでもないレベルの擬似サーヴァントを呼び出しちゃったかも?」

「呼び出しちゃったか」

フォウ「フォーウ!!!」

ロマニ「あ、しかもこれ命に関わるレベルのシャドウサーヴァントだ……。」

マシュ「ドクター!!?」

ロマニ「が、がんばってね!!」

マシュ「あとで覚えていてくださいね!!

とにかく行きますよ、ランスロット!!」

(戦闘後)

マシュ「な、なんとか……勝ちました。」

ランスロット「…………。」

ロマニ「あの強敵と戦って息も上がっていないだって……?

湖の騎士……、大した奴だ……。」

フォウ「フォーウ……」

「もうマイルームに帰りたいんですけど……」

マシュ「いや、ドクターがランスロットさんの顔が見たいなんて言わなければ……

あっ!?」

ロマニ「マシュ!?」

ランスロット「…………。」

マシュ「す、すみません……。」

「ごめん、気になってたから……」

ランスロット「…………!!(カチャ)」

マシュ「……え? 見せてくれるんですか?」

フォウ「フォウ!?」

ロマニ「ええええええええ!?

ボクらの苦労は一体……。

でも、ついにあの湖の騎士の素顔が……!!」

マシュ「…………!!(ゴクリ)」

ロマニ「うおおおおおおおお!!

……おおっ!!??」

(顔見せ後)

ロマニ「…………なぜかな、兜を取ったのにぼんやりして全然輪郭も中身もはっきりしない。」

ランスロット「…………。」

「これって、もしかして?」

ロマニ「ああ、これは『己が栄光の為でなくフォー・サムワンズ・グローリー』の効果かな……。」

マシュ「自らのステータスと姿を隠ぺいする能力、でしたか?

それにしても、兜を脱いで間近で見てもはっきりしないなんて……。」

ロマニ「なんか、その……疲れたね。」

「がっかりです!!」

マシュ「そ、そうですね……。」

ロマニ「あー、もうなんか徒労って言葉がぴったりの一日でしたね?」

マシュ「ドクターが言わないでください!!

……ランスロットさんも失礼しました。」

ランスロット「…………。」

「いつか見れる日が来るよね」

マシュ「フフ……、そうですね。

なんだか、そんな気もします。」

フォウ「フォウ!!」