亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

オレは不出来な魔術使いだが、それだけは得意でね。本来は世界を引っ繰り返すものを、相手の体内へ潜り込ませる。

エミヤオルタ「どうやら、向こうで魔弾の力に何かあったらしいな! ならば、コレはただの巨大な隕石に過ぎん! オレが砕く。 だが砕くだけが手一杯だな。 アンタが一掃しろ。 堕ちた騎士王でも、星屑を蹴散らす程度はお手の物だろう…

亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

私は、悪の味は知っている。悪の底知れない魅力も知っている。だが——正義の味は一度も味わったことがなかった。

問おう、裏切られし者よ。 何故、私は敗北したのだ…!? ー 主人公「だって、」 …………。 主人公「あなたは正義の味方だからだ」 ー ————————————————————————ああ。 全力を出していたつもりだったが…

亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

彼は自分を、悪のモリアーティと信じて動いた。私は自分を、善のモリアーティと信じて動いた。

そう、私はモリアーティという存在である限り、どうやってもホームズに勝利できない。 それはこうして召喚される身となってもなお、我々を縛り付けている。 喩えるなら…世界が滅ぶ瀬戸際に現れるという、抑止力のようなものだ。 殺そ…

亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

「これより、三文文章による逆転劇だ!」「それでは皆様にご紹介!我らが紡ぎ出した二次創作!」

シェイクスピア「史上最高の名探偵は確かに一瞬の油断を突かれ、貴方の糧に成り果てた! しかし覚えておくがいい、悪役(ヴィラン)よ!! 彼はとある世界の道を切り開いた、彼の後には、幾千もの名探偵(キャラクター)たちがついてい…

亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

…ちゃんと熱湯消毒したわよ!!何よその眼は!言いたいことがあるなら、ほら前に出ろ!

巌窟王「いかにも! コイツはその助言を活かし、足元に気をつけた結果——。 マンホールから下水道へと落下してきた訳だ。 いや、見事なダイブだった。」 ー ジャンヌオルタ「…ちゃんと熱湯消毒したわよ!! 何よその眼は! 言い…

亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿

だからもう、あの場所には戻れない。自分が捨ててしまったものを、ずっと探していたのだ。

ごっそりと、何か大切なものが抜けていく。 ——苦痛よりは喪失の方が大きい。 自分は、なぜあれを見て止まってしまったのだろう? 野良犬など、蹴散らすだけの代物なのに。 …そのことを考えると、妙に気分が悪くなる。 考えるのを…