亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

むぅ。それは否定できん。もうダメ死んじゃう、とよく女に言われることには定評のあるこの俺である。

フェルグス「そうか。 しかし頼りになる教導者はいる。 フェルグス・マック・ロイという文句なしのいい男だ。 次に生きたときは、まず俺と出会うことを目的とし、そして迷いなく抱かれてみるがよかろう。」 ー シェヘラザード「…は…

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

妾を撫でるか、飴をよこすかなどの褒美をくれることを、許可してやらんでも、ないぞ…?にはは…。

には…違う、これは田舎役人の娘の笑い方。 くっは、はは… うん、これだ。 女帝はこれだ。 ちゃんと、努力、したからな。 いっしょうけんめい、べんきょうして、書も詩も、覚え、て… く、う…! 遊びたいのも、がまん、して。 …

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

貴女が戦うべきは『終幕』ではなく、恐れに染まっている自らの道程なのではありませんか?

シェヘラザード「理解、していただけませんか。」 ー できません。 あなたのそれは、ただの生物としての忌避から度を越している。 死が怖いのではなく、死に至る自分が怖いというのなら—— それは、貴女自身の人生に問題がある。 …

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

全身全霊で、千の夜を越えてそれを願い続けたこの身が、それだけは嫌だと忌避するのです!

私は—— 死にたくない、のです。 まったく違います。 生きれば死なねばならない。 それに何の違いがありましょうか。 在れば死なねばならない。 同じです。 私たちサーヴァントは、結局のところ使い魔。 用が済めばマスターのも…

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

神よ…!許してくれ、アンタにもらった幸運ってヤツを、俺は無駄遣いしちまった…!

クソ…畜生、め… 神よ…! 許してくれ、アンタにもらった幸運ってヤツを、俺は無駄遣いしちまった…! ああ、だが、俺は、諦めねぇぞ。 次に喚ばれたときにゃあ、どんな金儲けを… どんな宝の島を、探してやろうかね。 楽しみだ。…

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

だが、俺は俺の夢を諦めないぞ?教えたとおりだとも——諦めない限り、目的地には必ず辿り着く!

デオン「桃源郷に火を放ったのはお前か?」 船員がビビってるときにゃあ、船長はどんな手を使っても船を前に進ませるもんだ。 航海日誌を二重に書いたり、テキトーな理由を作っては『陸地は近い』ってこじつけたりよ。 それと同じだぜ…

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

この小娘の時分の姿であれば。まかり間違おうとも、そのような世迷い言、口に出せまいッ!

敗北した私の兜を剥ぎ取り—— またも、呟こうというのか。 美しい、などと。 今の今まで、死力を尽くして戦っていた相手に。 人生に積み重ねた武を、全身全霊をかけて示しあった相手に。 死ぬのはよい。 負けるのもよい。 それは…

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

終わるまでは、どんなことも、終わっちゃいねぇんだ。だから、諦めない限り——夢は必ず叶う。

ああ、そうだな。 何もかも、ぜーんぶ焼けちまった。 俺たちのメシの種だった桃の木も。 苦労して建てていった小屋も。 敵から少しずつぶんどってきた物資も。 ここまで死んでいった仲間たちの—— 墓も。 全部、全部、灰になっち…

亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界 アガルタ

これはニホンという国の、ドゲザという謝罪スタイル。全身全霊を込めての絶対的な謝意、そして心からの降伏と命乞いを示すポーズ、です…。

…聞いたことが、ありましたので。 これはニホンという国の、ドゲザという謝罪スタイル。 全身全霊を込めての絶対的な謝意、そして心からの降伏と命乞いを示すポーズ、です…。 ー ライダー「命乞いだと…?」 ー はい。 私は…死…