亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

僕はセイレムで起きたことは知らない。だが、不思議なことに、それ以前の記憶の連続は保たれている。

メディア「…サンソン、あなた…。 マスターやロビンたちがセイレムから帰還したと同時に、前ぶれもなく再召喚された、というのは本当なの? それにカルデアからレイシフトした以降の記憶が無いって…?」 ー サンソン「どうもそのよ…

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

砂漠の向こうにも、オアシスはありますよ。カルデアの民らしく、星を見失わず、しっかりと顔をあげて歩んでくださいな。

それじゃあ、私も、最後に一つだけ…、 今回は自分に対して禁忌としてましたからあ。 砂漠の向こうにも、オアシスはありますよ。 カルデアの民らしく、星を見失わず、しっかりと顔をあげて歩んでくださいな。 ー 「今の…未来を予知…

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

もしもまた私に会うことがあったら、どうか可愛がってくださいな?私は、ときどき悪い子だけれど…。その時は、どうか叱ってくださいな…。

時空を旅する紳士「では、我々は行くとしよう。 準備はよいかね、アビー。 友人たちは2匹ずつ抱えよう。」 ー アビゲイル「はい、伯父様。 ちょっと重たいですけれど…。」 ー 時空を旅する紳士「では、カルデアの諸君—— 今後…

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

ではおまえたちも、一緒に連れていくとしよう。月の裏側か、あるいはもっと彼方の地で、住み良い国が見つかるだろう。

時空を旅する紳士「——アビゲイル、きみは、生ける“銀の鍵”なのだ。 あらゆる時間と空間に“門”を開き、行き来する。 そういった存在なのだ。」 ー アビゲイル「そんなこと、わ、私には出来ません。 ここから離れることだって……

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

あるのは救えなかった人々への責務だ。もっとうまくできたかもしれない、なんて傲慢さだ。

やっぱり…だめね… 座長さん。 よかったぁ…よくわかったもの…。 それじゃ、救えないわ…。 藤丸さん…? この程度の苦痛では、世界はもう、救えない。 カルデアの、藤丸さん…? あなただって願ったのだもの… わかるはずだわ…

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

我々はもっと早くに気がつくべきだった。我々では不可能なのだ。この宇宙では不可能なのだ。であれば——

ゼパル「バアルは過去に跳躍。 アンドラスは逃亡中に停止。 フェニクスは自らの無限生の苦しみに囚われた。 ——私は傷を癒やす為に、自らの園を作る。 おまえはどのような道を目指す。 どのような解決法に着手するのだ?」 ー ラ…

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

堕落したあびげいるが 真に穢れ無き強さを 持つなら…打ち倒した後であろうと、何かが 残る…!

…痛み…。 ……疼き…苦痛…。 人の身の、もっとも尊い幸いは何…? 喜びも、愛情も… みんな色焦せ、消えていくわ…。 ただ…犯した罪の意識だけが残り、ずっと苛まれる…。 それは、死後の悪霊となってすら、突き動かす衝動とな…

亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム

其は罪人なり…七つの縄の結び目なり…この煉獄に贖罪を求むるは仮象への供物なり…!

スト・テュホン…スト・テュホン… 其は罪人なり… 六つの縄の結び目なり…。 この異端の地に贖罪を求むるは悪魔の収穫なり。 祈りはここに父なる神と共にあり…。 スト・テュホン…スト・テュホン… 其は罪人なり… 七つの縄の結…